FC2ブログ
2012
10.13

今年の「干支かぶり猫」

Category: 作品

今年の個展で販売の「干支かぶり猫」のデザインが決まりました。十二支の中でもいちばんキャラクター化が難しい干支です。「干支かぶり猫」大サイズは頭と首に白いへびを巻きつけた1種類、小サイズは加えてコブラのかぶりものをしたものと2種類になります。また小サイズのへびは4色ありますが白以外は数量限定となります。
  Trackback:0
2012
10.12

猫八部衆「ゴブジョウ&サカラ」

Category: 作品

「八部衆」の仲間ゴブジョウとサカラ。象のかぶりものをした「ゴブジョウ」と頭に蛇が巻きついた「サカラ」、憂いを秘めた目と、少年らしい顔立ちが可愛らしい2体です。来年の干支は「巳」サカラは干支のキャラクターにもなりそうです。サカラの頭の蛇は本来「龍」の意味らしいですが・・・「アシュラ」ほどではありませんが、土台を含めると20センチ近くある大きな作品になっています。

  Trackback:0
2012
10.11

猫八部衆「アシュラ」

Category: 作品

12月の個展が迫ってきました。以前から仏像をテーマに作品作りを考えていました。三年前の阿修羅展で見た阿修羅をはじめ、仏法を守護する八体の神様から成る「八部衆」 まるで8人の戦隊ヒーローのようなその姿は、カッコ良く魅力的です。中でも阿修羅、五部浄、沙羯羅、乾闥婆は少年のような容姿で人気があるようです。12月の個展までに8体全部揃うかは未確定ですが、八部衆だけでなく「猫仏像」シリーズとして続けていきたいテーマです。ちなみに猫阿修羅の身長は、約30センチと今までの作品の中でも最大サイズのものになります。

  Trackback:0
2012
01.01

明けましておめでとうございます

Category: 作品

明けまして おめでとうございます 本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
あっという間に新しい年が、やってきました。大晦日も元旦も制作に追われる毎日です。個展も無事終わって、緊張感もとけ、疲れが出たのか風邪をひいてしまいました。毎日のようにヤマト運輸のサービスセンターに、夜荷物(作品)を出しに行くのですが、時間いっぱいまで制作するため、集荷時間ぎりぎりになってしまいます。年末はトラックや荷物を持ってきたお客さんの車で、駐車場も受け付けも、ごった返していましたが大晦日は、さすがに空いていて、普段は話す機会がない受付の方に「忙しいですね」と声をかけられました。お正月休みが明ける頃、やっとひと段落できそうなので、トレーニングでもしながら今年の作品の構想を練りたいと思っています。
  Trackback:0
2011
12.02

PRAY FOR NAKAMA

Category: 作品

今年の個展のタイトル「PRAY FOR NAKAMA」
仲間のために祈る彼らが手にしているのは、「ハートのフィラメント」仲間を思いやる気持ちが形となったものです。細い赤の銅線をハートの形にして、ハート形のシリコンに封じ込めました。最初に浮かんだハートのイメージが、赤のボールペンで描いたような腺で表現されたものだったのですが、うまく立体化できたと思っています。一人一人が持っている細くかすかなものが集まって、確かな強い光になる。漠然としていますが、そんな「希望の光」がテーマになっています。そして、この「ハートのフィラメント」は集められ、「龍の子かぶりのタロー」たちによって必要としている仲間たちのもとへ、運ばれるわけです。「PRAY FOR NAKAMA」は、A1サイズのジークレー版画となって会場に飾る予定です。撮影に使ったキャラクターたち(仲間たち)は、単品での販売となります。
  Trackback:0