--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.26

ホームページリニューアル

Category: ホームページ

2001年にホームページCLAY FANTASYを公開、2003年にはDreamweaverMXを使用しCLAYFANTASYデラックスとしてリニューアル、そして2010年1月、造形活動30周年を記念して、個展などの新作だけでなく過去30年間に制作してきた、すべての作品のアーカイブ化を目指して、再度リニューアルの作業に取り掛かりました。二年半の間に、使用するアプリやテンプレート、ギャラリーの見せ方など試行錯誤、メモリーズクレイの思いがけないヒットにより、時間が思うように使えず2年半が過ぎてしまいました。その間、CLAYFANTASYデラックスの更新はまったくできずブログCLAYDAYSで制作や個展などの情報をアップしてきました。僕にとっては特別な日である7月26日にようやく新ホームページ★CLAYFANTASY★公開に漕ぎつけました。まだまだコンテンツは少ないですが、造形活動35周年、40周年に向けジグソーパズルを埋めるようにして自分のCLAY HISTORYを完成させていきたいと思います。
スポンサーサイト
  Trackback:0
2012
07.24

HOBBIT Wallpaper Generator

Category: 好きなもの

12月に公開になる映画「ホビット 思いがけない冒険」
監督のピータージャクソンが公式のブログでメイキングなど色々な情報を公開しています。そこで見つけたのが、WALLPAPER GENERETOR
デスクトップやモバイルの壁紙、FaceBookのアイコンやTwitterのスキンなどを、「HOBBIT」の画像を、自由にトリミングして作れるというものです。僕は自分のデスクトップに合わせて1920×1080の壁紙を5パターン作ってダウンロードしました。ロード(トールキン)ファンの方は、自分の好きな登場人物をレイアウトして、壁紙をダウンロードしてみてはいかがでしょう。


  Trackback:0
2012
07.24

クラフト絵本「世界のどうわ」「日本のどうわ」

Category:
ジャックとまめのき 三枚のおふだ
三月に撮影が完了していた「ジャックとまめのき」「さんまいのおふだ」が、それぞれ収録された絵本が二冊同時刊行されました。「はじめて出合う ぬくもりの絵本 世界のどうわ・日本のどうわ」 注目すべきは、挿絵がすべて粘土やフェルト、バルサ材などを使用したクラフトで、出来ていることです。

出版社の商品説明・・・■挿絵を立体作品で表現!
今人気の作家が、フェルトの人形やバルサ材などの立体物で物語を
表現しているので、まるで飛び出す絵本のよう! お話の世界に足を
踏み入れたような楽しさを感じられます。

収録されているお話
「日本のどうわ」12話 「おむすびころりん」「ももたろう」「にんじんだいこんごぼう」「はなさかじじい」
「ねずみのよめいり」「三枚のおふだ」「かぐやひめ」「かもとりごんべえ」「うらしまたろう」「タヌキと彦一」「さるかにかっせん」「かさじぞう」おまけ

「世界のどうわ」12話「ブレーメンの音楽隊」「さんびきのくま」「 大きなカブ」
「ジャックとまめのき」「金のガチョウ」「ヘンゼルとグレーテル」「はだかのおうさま」「町のねずみ田舎のねずみ」「おおかみと七ひきのこやぎ」「てぶくろ」「青い鳥」「おやゆびひめ」おまけ
となっています。

12人(組)の立体イラストレーターによる、それぞれの造形による挿絵は、僕自身かなり興味深く参考になるものばかりです。ぜひ書店でご覧になってください。


  Trackback:0
2012
07.20

かっぱメンバーズ

Category: 好きなもの

海洋堂カッパ館から「カッパ・メンバーズカード」が届きました。二年前の「四万十川カッパ造形大賞」に応募したことで、特別会員としての処遇をしてもらえるそうです。応募された作品は、すべて会場に展示されるそうです。四万十川の大自然の中に天然素材の杉の丸太の柱を88本使い、壁はすべて赤土で建立されているそうです。四万十の大自然の中に渾然と溶け合うような「かっぱ館」、機会があったら行ってみたいと思います。
  Trackback:0
2012
07.17

ベッシィ14歳の誕生日

Category: 好きなもの

7月16日は、ベッシィの14歳の誕生日です。この日、ブリーダーの渡辺さんの家にお邪魔しました。14年前、ベッシィは渡辺さん宅で兄弟たちと一緒に、生まれたのです。そして、今年還暦を迎えるご主人に「干支かぶりベッシィ」をプレゼントしました。毎日見ている僕らと違い、会うたびに年老いてしまうベッシィに、ショックを隠せない様子のお二人でした。年老いた今でも、里帰りできる場所があるベッシィは幸せです。リニューアル前のホームページの「ベッシィの部屋」からベッシィの写真をコラージュしてみました。
  Trackback:0
2012
07.14

ピーウィーハーマン・カムバック!

Category: 好きなもの

ちょっと前まで検索しても情報がなかった「ピーウィーハーマン」ですが、昨日なにげなくググってみるとオフィシャルサイトをはじめ、Youtube、Twitter、Facebookとピーウィーの情報が、溢れているではありませんか!20年ほど前、東京に出張するたびにタワーレコードで、ピーウィーのビデオを一本ずつ購入したものです。当時日本では、ピーウィーを知る人は少なかったと思いますが、うちの娘はもの心付く頃に「ピーウィーズプレイハウス」を見て育ちました(笑)子どもの番組の枠に収まりきらない上質な内容で、当時は創作の参考になりました。登場するキャラクターたちも、カートゥーンキング、ジャンビー、ミスイボーン、カウボーイカーチスといった個性的(強烈)で魅了的なものでした。トッド・ラングレン、ダニー・エルフマンが、音楽を担当していたことも見逃せません。僕はカーボーイカーチスと、マトリックスに出てくるモーフィアス(ローレンスフィッシュバーン)が同一人物ではないかとずっと思っていたのですが、今回の検索で間違いなかったことがハッキリしました。髪型がぜんぜん違いますが(笑)ピーウィーは1991年に自らが起こした事件で、ほとんど目にすることがなくなりましたが、ティム・バートン監督の映画や、アメリカのテレビドラマなどで時々見かけることはありました。昨年のThe Pee Wee Herman Show on Broadwayが放映がされたことの影響なのか、アメリカで再ブレイクしているのかもしれません。あらためてピーウィーのプレイハウスを見てみたくなりました。

  Trackback:0
2012
07.12

学生の頃の仕事

今から30年以上前の学生だった頃、羊画廊での始めての個展の直後に、広告代理店から仕事の依頼がありました。写真の広告は30年以上前の情報ですのでお間違えのないように(笑) 初めての広告(印刷物)の仕事、プロカメラマンの撮影で自分の作品が4×5の大きなポジフィルムになって、印刷物となり新聞に折り込まれる。すべてが初体験で、本当に嬉しかったことを今でも忘れていません。もちろん制作費をいただくというプロとしてのスタートでもあったわけです。この仕事は好評で、その後シリーズで展開もしていただきました。そして半年の間に他からの制作依頼も増えていき、卒業後フリーの立体イラストレーターとしてのスタートを切りました。現在、ホームページリニューアルに伴い、個展で発表してきた作品だけでなく、現存する印刷物の仕事すべてをスキャンしてアーカイブ化しています。造形活動35周年、40周年に向けて新作だけでなく、これまでに制作してきたものも年代順にまとめていく計画です。振り返ってみると、時が流れ仕事の方向性も少しずつ変化してきましたが、その時代ごとに精一杯制作に向き合っていたことを感じます。30年前そして1年前の自分に負けないように頑張りたいものです。サーバーの移行、ドメインの移管もも完了し、間もなく新ホームページが公開になります。
  Trackback:0
2012
07.06

メアリー・ブレア原画展

Category: 好きなもの

会期も残り少なくなった、万代島美術館で開かれている「メアリー・ブレア原画展」に行って来ました。「イッツ・ア・スモールワールド」はもちろんのこと、「小さな家」や「青い自動車」で、子どもの頃から親しんできたあの絵の作者の展覧会です。アニメーション・絵本・イラストレーション・広告・舞台とその活躍の場は多様だった用です。メアリーがアニメーションの仕事を始めることになったきっかけを作ったプレストン・ブレアの作品も展示されていましたが、僕が学生の頃洋書店で購入したプレストンの「ANIMATION]という大型の本を思い出しました。副題が「LEARN HOW TO DRAW ANIMATED CARTOON」粘土造形の仕事を目指していた当時の僕にとってもキャラクターを作るうえで、この本はたいへん参考になるバイブル的な存在でした。僕はディズニーよりもどちらかというとMGMハンナ・バーベラのアニメのほうが好きだったので、プレストンの描くキャラクターはとても魅力的と感じています。

  Trackback:0
2012
07.02

仏像フィギュアから鬼太郎へ

Category: 好きなもの

可動仏像シリーズがコンプリートできたばかりの海洋堂のリボルテックタケヤ なんと続いて「ゲゲゲの鬼太郎立体絵巻」が発売になりました。学生からの情報を得て、事前に無事予約が出来たのですが、先日商品が届きました。手のひらにすっぽり入るほどの鬼太郎は、関節が14箇所稼動でき、リアルにポーズをとることが出来ます。顔の表情は3パターンあり、取り替えることが出来ます。とにかく原作のイメージを、忠実に再現しています。第二段は一分の一目玉おやじ 原寸大ってことです(笑) ねずみ男まではラインナップが決定しているようですが、鬼太郎ファミリー全員揃うかは微妙なのかも知れません。

  Trackback:0
2012
07.01

6~7月のオーブン粘土教室

Category: 教室

6月~7月のオーブン粘土教室で、作っていただくキャラクターは「ペンギンボート」です。先月が、傘のボートに乗った猫のキャラクターでしたので、ボートに乗ったキャラクターが続きます。ペンギンボートといってもアヒルのボートに乗った「いわとびペンギンかぶり」になります。次回は「カッパ」のキャラクターを作ります。
  Trackback:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。