2011
08.30

8月の教室テーマ

Category: 教室

8月のオーブンクレイ教室では、星の王子様「リトルプリンス」を、作っていただきました。今回のキャラクターは、王冠、ジョウロ、バラの花などの細かいパーツが多い上に、立ちポーズという安定が難しいバランスのため、すこし時間もかかりました。難易度の高いキャラでしたが、みなさん可愛らしいリトルプリンスを完成できました。毎月、第四土曜日のアークオアシスデザインでの教室、この日に次回に作るキャラクターのサンプルを制作して持って行きます。2005年の春にスタートしたオーブンクレイ教室、毎月新しいテーマ(キャラクター)を考えるのも、簡単ではありません。いつも当日の朝からお昼までの間に考え、サンプル人形を制作しています(笑)この日は、早朝に自転車に一時間ほど乗っている間にアイデアをまとめました。キャラクターを考える場合、いろいろな切り口から考えますが、9月の教室~季節~秋~秋の味覚~くだもの~柿~さるかに合戦ということで、次回は「サルとかに」を作っていただきます。


  Trackback:0
2011
08.17

タンタンの冒険

Category: 好きなもの

今から40年以上前、小学生(低学年)だった僕は、昨年閉店した古町の北光社の本棚でA5サイズほどの横長のコミック(モノクロ)を父に買ってもらいました。タイトルは「ユニコーン号の秘密」 これが、タンタンとの最初の出会いでした。何度も何度も読み返した大好きな本(マンガ)でしたが、二十歳を過ぎた頃、福音館のタンタンシリーズで再会、それ以来大ファンになりました。もちろん全巻もっています。そしてタンタングッズ(本も含め)に関しては、かなりのマニアだと自負しています。写真は25年ほど前に作った人形(クリスマスオーナメント)です。タンタンが6センチ、スノーウィが2.5センチになります。クリスマスツリーを飾る余裕があった昔が懐かしい(笑)このタンタンの冒険が映画化され、12月に公開されます。制作はスピルバーグとピータージャクソン!ピーターは僕と同じ歳で、「ホビットの冒険」といいなんだか親しみが湧いてきます。予告編を見ていて、CGだと気づくのにすこし時間がかかりました(笑)僕の自慢のタンタンコレクションは、また別の機会にアップします。
  Trackback:0
2011
08.15

ホビットの冒険

Category: 好きなもの

二十歳の頃、トールキン原作の「ホビットの冒険」を読んで、感動して作った作品です。オーブンクレイではなく、パン粘土(樹脂粘土)で作りました。30年も時間が経っているので、すこし色褪せてしまいました。写真、サムネイルのビルボが17ミリ、サムネイルをクリックして開く写真のガンダルフが、高さ6センチ、ビルボが4センチとなっています。ドワーフたちも13人揃っています。
「ホビットの冒険」でトールキンのファンになった僕は「指輪物語」「シルマリルリオン」と、ミドルアースの世界の物語を読み、そのほかトールキンの自伝や短編集まで読破しました。
画集やグッズなども、集めたものです。若い頃は好きなものに時間をかけ、いろいろなものを吸収できた、そんな贅沢な時間を懐かしく思いだします。
ところで、この「ホビットの冒険」が映画化され、来年と再来年、二部作で公開されるようです。監督は「ロードオブザリング三部作」のピータージャクソンです。ガンダルフやビルボ(若い!)エルロンド、ガラドリエル、ゴラム、レゴラスなどおなじみのキャラクターが登場します。公開されている13人のドワーフたちの写真を見ると、そのかっこよさにテンションが上がります。

  Trackback:0