--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
08.31

猫のメリーと羊のゴーランド

Category: キャラクター

猫のメリーさんと羊のゴーランド・・・この二体が合体するとメリーゴーランドに変身です。
2002年12月の個展で発表した作品で、未年のキャラクターとして考えました。
ゴーランドが頭にかぶったシルクハットは、羊のメリーゴーランドになっています。
猫のかぶり物シリーズ(ガブリィキャット)の中でもお気に入りのキャラクターです。

スポンサーサイト
  Trackback:0
2008
08.30

「八月の物語inボトル」

八月の物語1 八月の物語2 八月の物語3
個展に来てくださるお客さまから、夏に飾る作品をオーダーいただきました。
そこで、ナーセリーランド物語から「八月の物語」を、厚さ5mmのアクリルで作ったボトル型のケースに入れました。
このボトル、横9㎝、高さ12㎝、奥行き7㎝の特注品。もう20年以上も前から、アクリル加工をやっている友人に作ってもらっています。デザインは友人のオリジナルです。
僕の粘土作品を、見栄え良く見せる為に考えてくれました。
作品はボトルのキャップを外して入れるのではなく、箱の上の面が外れるように出来ています。
精度が高く、ピッタリと出来ているので、手に取って見てもどこから入れてあるのか分からないくらいです。
僕は粘土細工だけは得意なのですが、工作は苦手なので尊敬してしまいます。
職人さんの技って凄いですね。

  Trackback:0
2008
08.26

干支かぶり猫

Category: キャラクター
干支猫十二支の顔 子年かぶり猫
干支のかぶり物をした猫、銀座夏野オリジナル 「銀座干支かぶり猫」です。
銀座の子供食器専門店小夏さんで、4200円(税込み)で販売中です。
大きさは干支によって、少々異なりますが、高さ約7㎝(土台含む)で、土台の畳は5㎝×5㎝×7mmとなります。干支ごとに猫の模様や表情が違います。
ひとつひとつ手作りなので、厳密にいえば同じものはふたつとありません。
デザインは同じですが、土台の大きさが9.5㎝×9.5㎝の大きなサイズの「干支かぶり猫」もあります。
銀座にお出かけの際は、銀座夏野と小夏にお立ち寄りください。
「干支かぶり猫」の他にも、僕の作品をご覧いただけます。

  Trackback:0
2008
08.25

新作GALLERYアップ!

Category: ホームページ

ホムページCLAY FANTASYGALLERYのページに、7月のARTBOXギャラリーで発表した作品をアップしました。
HTMLギャラリーで、ご覧いただける画像は、カメラマン渡部佳則さん撮影の素晴らしい写真ばかりです。ぜひ、ご覧ください。
8月もあと一週間となりましたが、これから12月の羊画廊での個展に向けて、必死で作品を作るCLAYDAYSとなるでしょう。
毎年恒例の羊画廊での個展は、12月12日(金)~23日(火)の予定です。
  Trackback:0
2008
08.23

今月の教室お題

Category: 教室

今月(9月)の教室で、皆さんに作っていただくのは、 「しまリスかぶりのリン」「ナーセリーランド物語」に登場する「いきものかぶり」の仲間です。
クゥや、ハルのときも同じでしたが、顔が二つ(かぶり物の動物にも顔が)あるため、頭の制作にちょっと時間がかかります。そして、眉毛がついていてその長さや、カーブ、角度などで 表情が変わるので注意が必要です。
今日は第四土曜日、恒例のアークオアシスデザインでの教室。11名の皆さんに参加いただき、それぞれに可愛いリンを作ってもらいました。
  Trackback:0
2008
08.18

ひまわり族

Category: キャラクター

夏に入ってから、気になっていた向日葵畑、わりと小ぶりな花ですが、我が家の近所で、こんなにたくさんの向日葵を見かけることはそうありません。なんとか花が綺麗に咲いているうちに、人形を持ってきて撮影したいとアイデアを練っておりました。
向日葵の花に乗る小さなキャラクターということで、インディアンのような向日葵の妖精を考えました。
先週のペルセウス流星群以来、お天気が悪く、なかなか向日葵畑に出かける機会がありませんでしたが、久々に晴れた今日がチャンスと大急ぎで2体だけ人形を作り、夕方に出かけました。
八月も半ばを過ぎると日も短くなり、明るい空というわけにはいきませんでしたが、なんとか向日葵に乗った人形たちを、撮影することが出来ました。
時間があれば、向日葵が咲いているうちにもう一度来て、別のシーンを撮ってみたいと思いました。
  Trackback:0
2008
08.17

虹色ライオンとレインボウドラゴン

Category: テクニック
その1その2その3その4その5 
「虹色ライオン」・・・ももいろライオンの仲間の一人(一匹?)です。
虹色ライオンは、虹がでている間しか姿を現すことができませんが、レインボウドラゴンに乗っているときは自由に行動することができます。
レインボウドラゴンのメイキングは、七色の粘土を順に重ね合わせ、ドラゴンの形にしていきます。
今回のドラゴンは少しだけ、太っちょになりました。
イラストの入ったバック(台紙)にドラゴンと、虹色ライオンを固定し、額装して完成です。
壁にかけても、スタンドでテーブルなどに置いて飾ってもOKな作品です。
  Trackback:0
2008
08.14

手乗り「雛段飾り」


20年以上前に新潟市のWORK UPというお店に、小さな雛段飾りを置いてもらったことがあります。当時、お買い上げになったお客さまから、プレゼントに使いたいので、同じものを作ってほしいとオーダーをいただきました。
さすがに20年以上たっているので、現在の僕の作品として、少しデザインを変えて手の込んだものにしてみました。完成した段飾りは、65ミリ角の透明のケースに入れてあります。
指先ほどの大きさのお雛様・・・細かい細工に適しているFIMOだから出来る作品です。あ、あと僕の指先の器用さも・・・(笑)
お客様には、気に入っていただけたようで、ご自分用にともう一つオーダーをいただきました。
  Trackback:0
2008
08.09

チーズ

Category: テクニック
チーズ1 チーズ2 チーズ3 チーズ4 チーズ5 チーズ6 チーズ7 
三角形のチーズから、ネズミが顔を出しています。チーズというネーミングで、1995年に個展で発表して以来、人気のあるキャラクターです。
ネズミというと、アニメの「トムとジェリー」のジェリーと、大きなチーズが出てくるシーンが思い浮かび、このキャラクターが誕生しました。
三角形のチーズの外側の壁を先に作り、焼き固めます。硬くなったチーズの上と下に薄く伸ばした粘土(チーズ色)を貼り付け蓋をします。
次に細工棒などを使い、小さな丸い穴を開けます。ここで、穴から小さなビーズを数個入れておきます。
ネズミの上半身で、穴を塞ぎます。頭をつけ、最後にしっぽをつけてオーブンで焼きます。
焼き上がった後、チーズを振ると、中入ったビーズが「チリチリッ」と小さな音をたてます。



  Trackback:0
2008
08.09

夏の大三角

Category: 好きなもの

ペルセウス座流星群のピークも間近な今週は、晴れの日が続き、ほとんど毎晩のように流星を見に外に出ています。
今日は、デジカメ(7年前に購入したPowerShotG2)で、夏の大三角の撮影に挑戦!コンパクトデジカメで、はたして星空が写るんだろうかと心配しましたが、それなりに写っていて大感動!ちゃんとベガ、アルタイルにデネブが三角形に並んでいます♪
撮影中、ベガとデネブの間を流れ星が流れましたが、さすがに写ってはいませんでした。
去年のペルセウス座流星群で、一時間に数十個の流星を見て以来、星空にハマってしまい、この歳になって初めて望遠鏡が欲しい!と思うようになりました。望遠鏡は、奥が深くてなかなか手に入れることができませんが、新潟の星空まだまだ肉眼で楽しめそうです。
  Trackback:0
2008
08.07

佐潟と安男

Category: 好きなもの

新潟市にある佐潟水鳥・湿地センターに行ってきました。このセンターには、高校生のときからの大親友、佐藤安男君が勤務しています。
たまたま時間が空いていた安男君に、佐潟の周囲を車で回ってもらい(軽自動車一台が、やっと通れるようなワイルドな道)案内してもらいました。ここが新潟市なのか?と思うような景観と、心地よい風・・・普段は見る事のない昆虫や、水鳥、そして猛禽類。海側の丘の上には、たばこ畑が広がり、その向こうには日本海も見えます。
車で佐潟を一周した後は、潟舟に乗せてもらい水面すれすれから、蓮の花の咲く佐潟を楽しみました。
なんと、贅沢な佐潟ツアー!潟舟から見た蓮の葉と、水面・・・カエルかぶりのリクを連れてきて、写真を撮ったら楽しいだろうとアイデアが膨らみました。
  Trackback:0
2008
08.05

特注「招き猫」

香里鐘でのオーブン粘土教室の生徒さんから、会社で飾る「招き猫」を、ご注文いただきました。ご自宅で、飼われている猫の写真をお借りして、モデルにしました。
足元には、小判を持って招いている「小招き猫」を置いてみました。
会社のロゴのプレートを持たせ、オリジナル「招き猫」の完成です。
ちなみに右手で招くのが「金運」左手が「人を招く」そうです。
ということで、本体は右手を上げているので、「小招き猫」には左手を、上げさせました。


  Trackback:0
2008
08.04

親子で動物を作ろう!(その2)

Category: 教室
白くま親子を作ろう! アザラシ親子を作ろう! ライオン親子を作ろう! ペンギン親子を作ろう! 
東北電力グリーンプラザでの体験教室、 「オーブン粘土で動物親子を作ろう!」
8月1日の午前が「白クマ親子」、午後が「アザラシ親子」、8月3日の午前が「ライオン親子」、午後が「ペンギン親子」を、それぞれ作っていただきました!
各回とも、定員を大きく上回る申し込みを、いただきありがとうございました!
特に「アザラシ親子」は人気が高く、定員の3倍近い申し込みがあったそうです。
3日午前の「ライオン親子」は、前回時間がかかってしまった反省もあり、一部デザインを変えたものを
作っていただき、時間内に完成することができました。
40組、全6回で、240組の「動物親子」が完成しました。どの親子も、個性的でとても楽しい作品に仕上がりました。僕自身、たいへんいい経験になりました。
参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました!
  Trackback:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。